〒331-0802 埼玉県さいたま市北区本郷町1970番地  TEL 048-651-0445 FAX 048-660-1904
 

野球部

大宮工業高校野球部

 大宮工業高校野球部は昭和43年の第40回選抜高校野球で優勝経験のある県内でも有数の伝統ある野球部です。近年では夏の埼玉県大会において平成25年にベスト32、平成28年にベスト16(20年振り)と着実にステップアップし、古豪復活へ向け取り組んでいるところです。
 しかしながらシード校の壁は厚く2年連続で上位進出を阻まれていることは紛れもない事実です。本校野球部では本気でシード校を破り、上位進出と古豪復活を目指す仲間を求めています。 
 高校野球で過ごす時間は何事にも代えがたい貴重な時間となり、共に苦楽を乗り越える仲間は「一生の友」となります。中学生の皆さん、ぜひ本校野球部で一緒に甲子園をめざしましょう。

<活動内容>   平日 15:50~20:00
            休日  9:00~18:00 
                
                                                ※3月~11月の練習試合予定日は上記の通りではありません。

<部員数>    1年生 11名
           2年生 16名
           3年生  2名
             計29名(女子マネージャー1名含む)


  
<主な実績>
昭和43年 第40回選抜高校野球大会 全国優勝
      
 

日誌

野球部
12345
2018/10/15

練習試合結果(伊勢崎商業戦)

Tweet ThisSend to Facebook | by:野球部(全)

10月13日(土) 対 伊勢崎商業高校(伊勢崎商業グラウンド)
 第1試合 2-8  ●
 第2試合 3-12 ●



 夏休み以来の遠征での練習試合となりました。公式戦は全てこの
移動があります。バス車内での過ごし方、バスを降りてからの動き
など経験不足にならないように考えて動かなければいけません。

 試合開始前もグラウンドの硬さや太陽の位置などチェック項目が
たくさんあります。



 第1試合は3回表にに先制点を許したものの、直後の3回裏に逆
転に成功。5回表に同点に追いつかれて6回終わって2-2の同点
で終盤を迎えます。



 7回表、先頭にツーベースを打たれノーアウト2塁。ライト前ヒ
ットを後逸し1点勝ち越された後、チーム全体ががっくりし、立ち
直れないままズルズルと4失点を喫します。不運な当たりのポテン
ヒットを割り切れないまま相手代打の初球が甘く入り長打、冷静さ
を取り戻せないままバッテリーミス。タイムを取れなかったのが反
省点です。終わったことではなく、今この瞬間に集中できる心が必
要です。



 攻撃はもう少し得点できそうな場面を作るまではいくもののタイ
ムリーが出ない場面が目立ちます。チャンスに結果を出せるまで練
習するしかありません。守備練習をしていないものの3イニング続
けて0を付けられていないことも理由を明らかにする必要がありま
す。



 第2試合は走塁のミスが大きく響きました。バッティングの力は
チーム全体としてレベルアップしていますが、走塁面では個々の差
が明白です。



 何を考えて練習するのか?何を意識して練習するのか?問われて
答えられない無意識練習にならないように個人の取り組みを見守り
たいと思います。

通算12勝31敗2分け
09:56
2018/10/09

練習試合結果(東京学館戦)

Tweet ThisSend to Facebook | by:野球部(全)

10月7日(日) 対 東京学館高校(大宮工業グラウンド)
 第1試合 0-7 ●
 第2試合 1-6 ●
 


 連敗したものの大変勉強になる1日となりました。
相手校のシートノックに緊張感があり、選手同士で指摘しあえて
いる雰囲気を真似したいと思いました。

 第1試合は記録に残らないキャッチボールのミスが目立ち無駄
な進塁を許しているシーンが目立ちました。
 
 結果は0-7でしたが、1失点のイニングを頑張って失点を減
らせるようにしていく必要性を感じました。これができればコー
ルドの点差にはならないようになると思います。



 相手バッテリーのレベルが上がり、アウトコースを意識させら
れてからのインズバに手が出なかったり、勝負に行っているスイ
ングがファールになり、追い込まれた後の変化球のボール球を振
らされたり勝ち上がるために欠けている部分がはっきりしました。
 
 チームとしてのまとまり、徹底するという部分に改善点が見ら
れます。

 第2試合は初回に先制ホームランが出て、久々の登板となった
ピッチャーも毎回のようにスコアリングポジションにランナーを
背負ったものの無失点と踏ん張り5回を終わって1点リードで後
半戦を迎えました。しかし6回に2失点、7回に4失点と後半崩
れ敗れました。
 特に7回のビックイニングはミスも絡み、奪われたものではな
く与えているものだという認識が必要だと思います。



 2試合を通じて記憶を活用すること、無駄を削減することの2
点が現段階の課題だと感じています。
 日も短く、やれることは限られていますが積み重ねていきたい
と思います。

通算12勝29敗2分け
09:50
2018/10/09

練習試合結果(熊谷戦)

Tweet ThisSend to Facebook | by:野球部(全)

10月6日(土) 対 熊谷高校(大宮工業グラウンド)
 第1試合 10-6 ○
 第2試合  2-6 ●



 第1試合は3回裏に先制点を奪われたものの、3回に打線が繋がり
逆転に成功。
 
 6回表もツーアウトランナー無しから効果的に長短打が出て、追加
点を重ね優位に試合を進めることができました。


 
 1試合を通じてビックイニングを与えなかったことは大きな成長で
す。反省点としては7回裏、9回裏にバタバタとして失点をしてしま
ったことがあげられます。



 それでも序盤のリードを守り切り勝利できたことで自信をつけても
らいたいと思います。

 第2試合は2回裏に先制点を奪いましたが直後の3回表に逆転を許
してしまいました。


 
 2点を追いかける5回裏に1アウト3塁のチャンスを逃したり、1
点差に詰め寄った7回表に失点を喫したり、流れを掴み切ることがで
きませんでした。

 日々の練習の成果が着実に表れています。選手もそれを感じている
様子です。来春に向け数を重ねると同時に、どのような思いを持って
取組むかが重要だと考えています。



通算12勝27敗2分け
09:40
2018/10/01

練習試合結果(狭山工業・久喜工業戦)

Tweet ThisSend to Facebook | by:野球部(全)

9月29日(土) 対 狭山工業・久喜工業(大宮工業グラウンド)
 対 狭山工業 6-2 〇
 対 久喜工業 悪天候のため中止
 
 狭山工業戦は1回表に先制点を挙げたものの、さらに追加点が取れ
そうな場面で得点を重ねることができませんでした。
 その裏長打2本で同点とされたものの2回表に勝ち越しに成功し主
導権を掴みます。


 
 その後は試合が膠着状態に入り、得点が動かないまま迎えた6回表、
この回に得点できれば試合はかなり有利になると伝えて始めた攻撃で
2得点。7回裏にエラー絡みで1点を失ったものの直後の8回表に追
加点を奪い、逃げ切りに成功しました。



 試合が進むにつれてグラウンド状態が悪くなり、そこに対応しきれ
ずエラーも出ましたが積極的な走塁やチャンスでの1本が出たことは
良かったと思います。



 久喜工業戦は雨天により試合を行うことができませんでした。
 これで9月も終わりです。日照時間も短く、本格的なオフシーズン
が近づいていますが、今できることに全力で挑戦したいと思います。

通算11勝26敗2分け
10:31
2018/09/26

練習試合結果(海城戦)

Tweet ThisSend to Facebook | by:野球部(全)

9月24日(月) 対 海城高校(大宮工業グラウンド)
 第1試合 4-15 ●
 第2試合 7-3  〇



 第1試合は5回表終了時で0-10と大量リードを許し、無得点ならば5回
コールド負けの点差でしたがその裏に粘りを見せ、1点返し切り抜けます。6
回裏にも2点を返し3-10とあと1点取れば7回コールドの点差も回避でき
る展開に持ち直します。
 
 迎えた7回裏の攻撃は代打の先頭バッターがヒットで出塁し、ベンチがどう
しても1点取ろうという雰囲気が生まれ、後続が繋いで得点を挙げることがで
きました。


 
 しかし8回表に3失点を喫し、8回終了時でコールド負けの点差になってし
まいました。

 コールドの点差で負けはしたものの序盤に2本のホームランを浴び、これま
でであれば反撃もできないまま終わってしまうような展開の試合を久し振りに
粘り強い攻撃で5回と7回にコールドを回避する野球ができたことが収穫です。
 特に7回裏の攻撃は大会を思わせるほど集中力が高く、選手の成長を感じさ
せました。



 第2試合はスタメンを2年生で固め、1試合目の「やってやろう」という雰
囲気を継続したまま試合を進めることができ勝利しました。
 
 7回からはメンバーを1年生に入れ替え、9回裏にバタバタしたものの逃げ
切れたことを自信にしてほしいと思います。



 3回裏に失点をした場面ではノーアウト1塁でパスボールがありました。ボ
ールを見失ったキャッチャーのサポートのためサードがボールを拾いに行き、
ピッチャーがサードベースのカバーに入るプレーがありました。周りをよく見
たナイスプレーだったと思います。このようなプレーが今後の試合でも出てき
てくれればいいと思います。

 試合前のノック、9回裏の失点。キャッチボールのミスです。そこは選手1
人1人がしっかりと認識しなければいけない部分。今後の取り組みに期待した
いと思います。


 
通算10勝26敗2分け
11:26
12345