〒331-0802 埼玉県さいたま市北区本郷町1970番地  TEL 048-651-0445 FAX 048-660-1904
 

全日制日誌

宮工の今 >> 記事詳細

2018/07/21

IRCモデルロケット国際大会 3位

Tweet ThisSend to Facebook | by:全日制教頭

 ラジオ部が、7月19日(木)・20日(金)にイギリスのファンボロー空港で開催された『2018 IRC モデルロケット国際大会』へ、日本代表チームとして出場し、
 

 総合 3位

 
と健闘しました。
 

 ラジオ部は、昨年8月21日に秋田県能代市で開催された、モデルロケットの中学・高校生日本一を決める『ロケット甲子園』において優勝2連覇を果たしました。優勝校には、翌年のモデルロケット国際大会出場権が与えられます。本校は、昨年のフランスで開催された国際大会出場に引き続き、今年は、イギリスで開催された国際大会に出場しました。
 

 2018IRCモデルロケット国際大会では、ロケットの形状、重量、使用可能なエンジンが定められ、ロケット内に生卵2個を搭載し、指定出力内のエンジンで高度800フィート(約243m)まで打ち上げます。
 
 最高高度到達後に機体からパラシュートを放出して、機体を41~43秒で帰還させます。帰還後に、機体や搭載した生卵は亀裂、破損が生じてはならない規定となっています。高度・降下時間とも誤差が少ないほど競技での得点が上位となります。
 また、打ち上げ前日にはチームごとに大会審査委員の前で、自分達のロケットについて英語でプレゼンテーションを10分間行い、審査・得点されます。総合順位は、プレゼンテーションと打ち上げ競技それぞれの得点合計で決まります。
 

 英語のプレゼンテーションでは、今年も2位の結果となりましたが、打ち上げ競技において、ロケット降下時にエンジンが脱落してしまい、打ち上げ競技では失格となってしまいました。エンジンが脱落した要因としては、渡航10日前に急遽エンジンを変更するよう連絡を受け、使用した事のないエンジンを使わなければならなくなった点にあるようです。

 
大会結果は、
1位:アメリカ、 2位:フランス、 3位:日本、 4位:イギリス
(大会本部より正式な内容を受けましたら、改めて掲載いたします。)

 
 多くの企業や団体よりご支援をいただき、イギリス国際大会に出場することができました、重ねてお礼申し上げます。持てる力を全て出し切ってくれた3名の生徒並びにラジオ部のこれからの活躍にご期待ください。
 


08:30 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)
 全日制紹介 は、こちら。
 専門高校紹介リーフレット は、こちら!