〒331-0802 埼玉県さいたま市北区本郷町1970番地  TEL 048-651-0445 FAX 048-660-1904
 

旧 校長挨拶

 
伝統の力ここにあり
 
埼玉県立大宮工業高等学校 校長 岩﨑利信 
 

社会情勢に目を向けますと、平成20年秋のリーマンショックに端を発した危機的状況から、一時的には景気が回復する兆しが見られたものの、円高の進行とそれに起因する産業構造の空洞化の進行に加え、平成23年3月に発生した東日本大震災の影響などにより、経済環境は一層不透明な状況にあります。

しかし、どのような社会情勢においても我が国が今後とも経済力を維持発展させるためには、従来にも増して創造性豊かな技術者・技能者を育成し科学技術創造立国として飛躍する必要があります。ものづくりなくして日本の経済は立ちゆかず、ものづくりは日本の根幹であると確信します。

そのような中、工業高校では一貫して、生徒一人ひとりの個性や能力・適性を伸張し意欲を引き出して社会の発展を図る創造的な能力と社会的な態度を育て、実践的な技術・技能者の育成を目指してきました。

本校においても、次の3点を教育目標として、ものづくりをとおして原理・原則を学び有意な社会人を育成するために、基礎・基本の充実とともに、技術の高度化、国際化、環境問題への対応を進め科学的・技術的な思考力を育成し、将来のものづくりを担う人材を多く輩出してまいりました。

1 心身ともに健康で自主的精神に充ちた、積極性のある個性豊かな魅力ある人間を育成する。

2 感受性が豊かで思いやりのある、視野の広い、社会性を身につけた国際社会に通用する人間を育成する。

3 現代工業の基本的知識、技術を身につけ、つねに科学的に考え、行動にあたっては骨身を惜しまない実学の徒を育成する。

具体的に、生徒は、充実した施設・設備での特色ある学習を進め、高度な国家資格を取得し、ものづくりコンテスト・ロボットコンテスト・プログラミングコンテスト等へ挑戦しています。

 部活動では、運動部を中心に全国大会で活躍しています。歴史的に現在も活躍する柔道部は国民体育大会・高校総体に出場し大きな成果を獲得しています。野球部も昭和43年の選抜優勝を今一度と着々と力を蓄えております。国体・高校総体出場の自転車競技部や多くの部の力が、活力ある大宮工業高校を支えています。

 これらを中心とした活躍は、正に本校の校訓「至誠一貫」「質実剛健」を具現化したものです。今後も、心身を鍛え、ものづくりの精神を高めた宮工生を育ててまいります。