〒331-0802 埼玉県さいたま市北区本郷町1970番地  TEL 048-651-0445 FAX 048-660-1904
 
 

ロケット甲子園2017[8月21日(月)] ラジオ部連覇!


ラジオ部が、「第13回能代宇宙イベント」(あきた宇宙コンソーシアム
主催)内で行われた「ロケット甲子園」で優勝し2連覇を果たしました。
来年6月に行われるIRC2018(イギリス ファーンボロー航空ショウ)国際大会へ出場します。
今大会は、全国から6校7チームが参加しました。

 1位 大宮工業高等学校 32点
 2位 立命館慶祥高校  83点
 3位 秋田県立北鷹高校 128点

本校は、昨年度もこの大会で優勝して今年6月フランスのパリ航空
ショウ内で行われた国際大会へ出場し、銀メダルを獲得しました。


ロッキード・マーティン社Twitterより


  

 

みやぎ総文2017

 美術部は、8月1日、2日の1泊2日の日程で、宮城県仙台市で行われた
 「第41回全国高等学校総合文化祭」に参加してきました。

 ~1日目 美術館での鑑賞・部門開会式・講演会・講評会 に参加~
   
 宮城県立美術館。目立つ所に展示してありました。多くの人が面白いと興味を持ってくれま 
 した。特にこのスーツが実際に着られるというところに驚かれていました。

   
 埼玉県の平面作品の展示。 国際センターに移動し、「ジョジョの奇妙な冒険」の作者、
 荒木先生の講評を聞くことが出来ました。

 ~2日目 交流会 ①作品鑑賞会 ②ワークショップ(仙台七夕飾り作り) 参加~
    
 班に分かれ、作品を鑑賞しあったりして他県との交流を深めました。↑埼玉県代表。

    
 仙台七夕飾りは決められた7つの飾りがあり、制作をしながらそれぞれに込められた祈り
 を学びました。

  宮城県の総文祭実行委員の生徒さんたちの温かいおもてなしがあり、美術・工芸が大好 
 きな仲間たちと交流を深めることができた楽しい2日間でした。
  生徒たちは全国各地から集められた作品を見て刺激を受け、勉強になったようです。
 また、自分たちの作品を一般の人や高校生、先生方に見ていただき、質問を受けたり意見
 をいただいたりしたことが嬉しく、今後の制作の参考にもなりました。
 
 以下、生徒の感想文より一部抜粋
 「最後に私は美術の学校に進学をしたいのですが、その上で自分の作品づくりのヒントに
 なることをたくさん頂けた、とても良い経験でした。この経験を活かしてもっともっと作品を
 制作していきたいと強く感じました。
  今回パワードスーツの制作に関わってくださった方々、先生、メンバーにとても感謝して
 います。ありがとうございました。」

  皆様のご協力と応援、本当にありがとうございました!
  
 

埼玉県教育長表敬訪問について


平成29年6月22日(木)、23日(金)、フランス、パリ航空ショウ内にて行われた「IRC(International Rocketry Challenge)モデルロケット国際大会」に、日本代表として初出場し、銀メダルを獲得した本校ラジオ部の生徒たちが、小松埼玉県教育長を表敬訪問しました。

               

1 日時  平成29年7月18日(火)午前9時30分~午前10時

2 会場  教育委員会室

3 出席者

  県立大宮工業高校 

   教員3名:宮原 浩校長、竹前泰治主幹教諭、植田大助教諭

   生徒3名:電子機械科 3年 小田倭輝(おだ・かずき)、

       :電子機械科 3年 松村倫太朗(まつむら・りんたろう)、

       :電子機械科 2年 三角昂太朗(みすみ・こうたろう)

  教育局   

   小松弥生県教育委員会教育長、古川治夫県立学校部長、

   羽田邦弘参事兼高校教育指導課長、他担当職員

                       

                           大会の様子が写ったDVD上映を行い、

                           実際に行った英語でのプレゼンテーションを披露しました。
                         
                         
                           小松教育長は、席をおたちになられ、

                           モデルロケットに興味心身でご質問されていました。


小松教育長より

  ・ 3人の素晴らしいチームワークと学校のチームワークが銀メダルとい

   う快挙につながった。

  ・ 英語によるプレゼンテーションも、大きな声で、技術的な内容を分か

   りやすく伝えていた。

  ・ このような快挙を後輩にも伝え、育てていって欲しい。

  ・ 皆さんの今後の活躍に期待する。 

とのお言葉をいただきました。

 

お知らせ

 2017年6月22日(木)、23日(金)にフランス パリ航空ショー内で IRC (インターナショナル ロケットゥリー チャレンジ)国際大会が開かれ、本校のラジオ部が日本代表として参加しました。

 大会では、アメリカ、イギリス、フランス、日本の4カ国が出場し、英語でのプレゼンテーション、モデルロケットの打ち上げの総合成績で競い合いました。
 ラジオ部は、総合成績2位という素晴らしい成績を収め、銀メダルを獲得しました。

 ラジオ部は、2016年8月22日(月)第12回能代宇宙イベントにおいて行われた第8回ロケット甲子園へ出場しました。3度目の挑戦でしたが、悲願の優勝を果たし今回のIRC国際大会へ、日本代表として出場することが決定していました。
 

 

 今回のIRC国際大会は、特別にフランス首相との面会、元アメリカ宇宙飛行士、現役のフランスの宇宙飛行士からの表彰も行われました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇大 会 結 果◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 総合順位
  1位 
Festus High School(アメリカ)  

  2位 埼玉県立大宮工業高等学校(日本)

  3位 CollègeBlaise Pascal School(フランス) 

  4位 Sweyn Park School(イギリス)

    プレゼンテーション(英語)
      1位 Sweyn Park School(イギリス)
      2位 
埼玉県立大宮工業高等学校(日本)
      3位 Festus High School
(アメリカ)
      4位 CollègeBlaise Pascal School(フランス)

    フライオフ(打ち上げ)
      1位 Festus High School(アメリカ)
      2位 CollègeBlaise Pascal School(フランス)
      3位 埼玉県立大宮工業高等学校(日本)
      失格 Sweyn Park School
(イギリス)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◆◇◆◇◆◇

    
(アメリカ航空宇宙工業会
AIAのホーム・ページに参加順位が載せられています。)

AIAのホームページによると、アメリカでは毎年1000チーム5000人が参加している大会の優勝チームが、IRCへ参加しているとのことです。フランスでは約50チームが国内大会に参加しているそうです。)

 
 今回の大会は、生の卵
1個を正確に775フィート、卵を割らずに戻せるロケットを設計、構築、打ち上げし、パラシュートを使って41秒~43秒で着地しなければならないルールでした。

 このような大会が行われたのは、アメリカ航空宇宙工業会(AIA)がライト兄弟100周年事業として青少年育成のために、米国モデルロケット大会(TARC)を行ったのが始まりです。米国大会では全米で、毎年1000チームが参加し、優勝チームはホワイトハウスに招かれる名誉と、奨学金が支給されています。その後、英仏の航空宇宙工業会も参加し、イギリスとパリの航空ショー内で隔年開催されることになり、モデルロケット国際大会(IRC)として定着しました。大会は、青少年に対する航空宇宙分野及び科学・技術・工学・数学(STEM)に対する興味・関心を引き出す事と国際交流が目的とされていて、食事を共にし、プレゼント交換するなどの交流の場も設定されています。

 日本では、以前から特定非営利法人日本モデルロケット協会(JAR)の尽力によりTARCへ参加していましたが、2016一般社団法人 日本航空宇宙工業会(SJAC)IRCより招待連絡があった事により、国際大会へ出場する事になりました。日本が参加したのは、今回が2回目です。

 現地では、SJAC宇治様、和歌山大学秋山教授のサポートやフランス航空宇宙工業会(GIFAS)の方々から親切にしていただき、またAIAより特別な待遇をいただき安心して大会へ参加する事が出来ました。また、日本では、Nabtesco㈱、あきた宇宙コンソーシアム、㈱小金井製作所㈱渡辺製作所、さいたま商工会議所、ドラパス㈱、大宮工業会(同窓会)、本校PTA・教育後援会をはじめとする団体や個人の方々より支援を受けることが出来ました。
 
多くの方々からの手厚いご支援のおかげで残せた結果だと思います。
心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 

<フライオフ前の各国集合写真>


<ラジオ部記念撮影>


左から竹前主幹教諭(顧問)、小田君、角君、松村君、植田教諭(顧問)

 

<モデルロケット発射の様子>


 


<エドゥアール・フィリップ首相と握手>



 

 <元アメリカ宇宙飛行士アルフレッド・ワーデン氏と記念撮影>



<打上げ前>

◆国際エアーショーHP→http://www.parisairshow.tv/

 
あなたは1065790人目です。